2007年11月25日(日)

サケ帰る


2007年11月24日。
群馬県の渡良瀬川へ水生昆虫チェック。
この秋の相次ぐ大増水で、川底はすっかりきれいに洗い流され水も澄みきっている。
2007年関東地方の水生昆虫事情は、非常に悪かった。2006年末の大雨による大増水の影響で、本来、冬の間ずっと豊富にあるはずの川に沈んだ落葉が、すべて流されたからだ。
冬、陸生昆虫なら冬眠するところだが、水生昆虫は、落葉由来の豊富なエサと、落葉にカバーされた安全な住みかでどんどん成長する。
水生昆虫が少ないということは、魚のエサが少ないということだけではなく、昆虫食の多い鳥類へ。さらにそこから・・・食物連鎖への影響は計り知れない。
つまり、山から海へもたらされる栄養分も、非常に少なかったということにもなる。この辺の話は難しいけれども、落葉をそのまま海に放り込んでもただのゴミ状態。
山や河川内で落葉が様々な生物に分解されてその結果としての栄養塩として海にもたらされなくては海の生物への食物連鎖がスムースに繋がっていかないというような話。
・・・と見れば、川底に大きな魚が沈んでいる。
そのつもりで見回すと、流心部の底にも、白い大きな魚体が2匹沈んでいた。それから、下流の瀬に向かおうとすると、右岸の際から数匹の大型魚がササッと沖へ走る。まだ、元気な連中もいる。
関東でも、利根川などでは、この季節かなりの鮭の魚影を見ることが出来る。
それ自体は喜ばしい。しかし、稚魚放流してそれが帰ってきた・・・それだけでは、悲しい。
やっぱり自然産卵して、それが孵化して川を下り、また帰ってくる。それが河川環境の指標として大きな意味を持つ。
それには、ポーズだけでは形にならない総合的な河川環境への配慮ってやつが必要になってくる。環境というとつい無力感にさいなまれますが、とりあえず、鮭の密漁をしないということだけでもかなり違うのだけれど・・・。
遡上鮭の群れが、いつの間にかオスばかりという有様をよく見かけるのです。



2007年10月21日(日)

松川湖上流


10月12日は、静岡県伊東市の松川湖上流でドリフターをチェック。
流れの水温は、11時で17.4℃。最高水温は、13時で18.1℃。
ドリフターは、日中に多く、ミジカオフタバコカゲロウ、ヨシノコカゲロウがメイン、夕方頃には、シロハラコカゲロウもハッチ。
この松川湖上流では、10月31日までアマゴ釣りが出来る・・・と思って出かけて来た・・・ところが、ふと流れ込み付近をみると大ゴイの群れ。
いや、それだけじゃない。流入水流に沿って何匹ものニジマスが定位している。
観察していると、その先頭にいる何匹かはかなり積極的。右へ左へとドリフターを探し回っており、時々ライズもする。だが、この連中はサイズが30cm未満。ところが、その後ろには、日本とは思えないようなサイズの連中が・・・。
もう、この日一日だけで帰られましょうか、1日とばして14日も湖のフライフィッシングにはまってしまいました。

この湖は、ハードルアーやフライフィッシングだけが出来る釣り場で、1年の内2月だけが禁漁とのこと。湖が満水になる11月ごろには最高に面白くなると、監視員さんのアドバイスあり。



2007年03月18日(日)

ドリフチェッカースクール開催


3月10〜11日熊本県志賀瀬川にて、ドリフチェッカースクールを行いました。
このイベントは、福岡県太宰府のアングラーズプロショップ「げんごろう」さんの企画主催で行われたものです。
なんと一泊二日でドリフターを見ながら釣をし、夜はタイイングも有りというプログラム。2日間通しで参加できない方もいましたが、15名以上の方が、ドリフターネットの周りに集まりました。
特に、初日の10日は、曇後一時雨というハッチ日和で気温も11℃に上昇。
11時頃からシロハラコカゲロウがハッチし始めるとその後コカゲロウ各種が続々とハッチして流下してきました。更に、ウルマーシマトビケラやエラブタマダラなどもハッチ流下、随時ネットを上げるたびに変化していくドリフターを皆さん体感出来たかと思います。



2006年09月29日(金)

放流は危ない!

平水の渓流
ダムの放流によって増水した川。

9月の中旬は鬼怒川水系におりました。
雨がちの天気の上に、台風接近か?という状況で、水生昆虫の動きは乏しく一旦引き上げようか思っていた頃。
渓畔道路を、上流方向から宣伝カーが何か放送しながら走ってきます。
「なんだい、騒がしい。こんな山奥に何を売りに来たか・・・」
最初、谷に反響してよく聞き取れません。
(どうせ、私には関係ない・・・)
そのうち、「放流します」と聞き取れた。
(おおっ、ヤマメでも放流するのか)
「毎秒○○トンの放流を・・・」
なんと、ダムの放水でした。永いこと川でウロウロしていますが初めての状況です。
(別に大雨が降っているわけじゃなし、2〜30センチぐらい水位が上がるのだろうか)
そこへ友人の地元フライフィッシャーがやって来ました。
「たぶん、こん回の放流量だと2メートル以上水位が上がるかもしれません。直ぐ上がって下さい」
でも、その時間が来たのになかなか水位は上がりません。
(ええ〜っ?本当に、そんな水が来るのかな)
・・・とふと水際を見ると・・・河原の石がなにやらウルウル水っぽくなってきたかな。
・・と次の瞬間、水音が急に高まって河原全体から湧くように水が出てきてもう、川全体が滝のような有様。
てっきり、大波が津波のように来るのかと思っていたのですが。
「ウルウル・・ドゴゴーッ」
信じられないパワーの水流。水が増えてから川を渡るなどまったく不可能。生きては帰れません。
やっぱりダムの放水にはそうとう気を付けなくては行けません。聞くところによると、川によっては定期的に放水しているために、警報や広報活動をしない場合もあるようです。
よそから訪れたものには、そんなことわかりませんから、非常に危険です。
以前、丹沢でキャンパーが、ダム放流の犠牲になって多数亡くなったこともありました。
警報や、地元情報にはくれぐれも気を付けましょう。



2006年09月06日(水)

謎のカゲロウがついに羽化!埼玉県荒川

岸際に浮かぶオオシロカゲロウ。水中には、産み落とされたクリーム色の卵塊が沈んでいる。

ここ数年、ずっと探していたカゲロウがやっと見つかった。
なにせ、年に一度9月にしか羽化がなくて、近年その時期になると台風やら大雨などの洪水でお流れ。
それが、9月4日、埼玉県の荒川に出現した。私も、初めて見るオオシロカゲロウ。

実は今年、夏の初めに幼虫を採集出来たので、水害に備えて飼育しており、今年は万全の体勢になっていた。
それでも、その時期が近づくと待ち遠しくて・・・なにせ、羽化後たった数十分で死んでしまうという話だったから出会うのは大変である。もう1週間も毎日夕方になると荒川通い。
それが、実にあっけなく、9月4日18時過ぎ、まだ明るいというのに前触れにパラリと2匹が羽化。これは来るかなと待っているそれっきり。つぎの羽化が始まったのは19時をかなり回ってから。
このカゲロウに何故注目していたのかというと、その生態が謎だらけで、見つけにくい。それなのに、身近な荒川に大量に生息している・・・らしいということ。
その見つけにくいのは、幼虫は、川の底質内に深くトンネルを潜って生息しており、その上、羽化が真っ暗になってから。そのくせ、やっと羽化したと思ったらすぐ死んでしまう薄命。
これは、実際に観察して見たら、メスだけが羽化、その直後なんと亜成虫のまま産卵して死んでしまった。
つまり交尾すらしなかった。いったいどうなっているのか?
この生態に関しては、産地によって、オスが出て亜成虫から成虫になり交尾もするというところもあるということで、やっぱり訳がわからず、なお一層不思議なのである。



2006年05月03日(水)

千曲川川上村4月25〜26日


4月25日千曲川(川上村)
朝は晴れていましたが、11時頃からやや雲が多くなって12時頃には激しい雪模様。ひどく寒くて参りました。
しかし、水温は9℃をこえ、昼前から、シロハラにフタバコカゲロウがハッチ。流れのあちこちでライズが始まりました。
雪は、30分ぐらいで止みその後は徐々に晴れてきました。ハッチの方は、ウスバガガンボに、小型のコカゲロウ数種まで加わって久々に素晴らしいハッチ模様となり、ライズは夕方まで続きました。ライズの主は、ウグイ混じりのイワナ。それにしても、C&R区間でもないのにちょっと驚くようなセレクティブな反応で、同行した勝俣雅晴氏も、久々に面白かったと言っておりました。
なお、Rise Catcher clubの方には、更新情報があります。