2009年04月18日(土)

4月14日栃木県塩谷町鬼怒川


曇りのち雨という天気予報を承知で、栃木県塩谷町の鬼怒川へ。
11時過ぎに現着。今にも降りだしそうな暗い空は、スーパハッチを大いに期待させる・・・・が、予想外だったのは、かなりの渇水。
解禁以降、様々な釣り人に攻められ続けてこの低水位。これではいくらドリフターがあっても日中のライズは難しいかも?
・・・まっ、ヤマメのご機嫌はともかく。4月にこのような水生昆虫的好天は非常に貴重・・・なのに、期待のドリフターは極少、相変わらずツイておりません。
それでも、12時過ぎにやっとポワンという小さなディンプルライズを発見。まるで、ウグイの稚魚か・・・とでもいうようなショボイライズ・・・でもこれが・・・。
ドリフターは、急増したトビイロコカゲロウの羽化したシャック数十体、ユスリカパラパラ.エラブタマダラカゲロウのスピナー1匹、ヒゲナガカワトビケラのシャック2体。
ネットには入らないが、ヒゲナガのアダルト、ウルマーのアダルトは時おり水面へ飛来している。
これらのデータを、どう読みどう釣るかが、フライフィシングの一番楽しいところ・・・。
程なく鬼怒川は、ザーザー振りの雨となり、お楽しみのイブニングも出来ずに撤退。またの出直し。



2008年04月01日(火)

出張!ドリチェ研究会


3月20日、大分県日田市、筑後川水系川原川、道の駅せせらぎ裏にてドリフチェッカー研究会が開かれました。
主催=フライショップ「げんごろう」福岡県太宰府市 http://homepage3.nifty.com/gengoro/

今回は、ドリフターを見ながら釣りをして、さらに「カリタ式天然素材本舗」ヴェインファイバーを使ってのタイイングまでしてしまうという盛りだくさんでした。
朝はまだ小雨降る天候で心配しましたが、やがて雨も上がってなかなかのドリチェ日和となりました。
ただその後ハッチが増えず物足りない印象はありましたが、ナミヒラタカゲロウや、オオヒメフタオカゲロウなど大きなカゲロウのハッチも見られ、なかなか貴重な時間でした。
特に、オオヒメフタオは、まだ仮称の新種で九州では初発見。すばらしい!

今後、「出張!ドリフターチェック研究会&タイイング」を随時やっていくつもりです。ご希望があるグループの方はご一報下さい。



2007年12月24日(月)

日置川(和歌山県)にて公開ドリフチェッカー開催


12月22日 和歌山県日置川にて公開ドリフチェッカーを開催。
日置川下流部の、指定区間では、日置川漁業協同組合による「冬期アマゴ生態調査」(12月1日から2月29日まで)が行われている。今期はその2年目。
つまり、試験的に放流されたアマゴが冬にどういう動きをするか調査しようということで、ヒットしたアマゴの情報は漁協へ調査票という形で報告することになっている。
その日置川で、ライズが流れ一面に発生するという。しかもそれがメチャ手強いということで、私は勝俣氏と一緒に行ってきました。
詳しくは、雑誌「フライフィッシャー」に夏頃掲載予定。
20日に現地到着。やっぱり和歌山県は温暖な気候、ホントにライズ無限のパラダイスが存在した。それなのに公開日になると雨嵐で・・・ともあれ、冬でありながら、水生昆虫の各種ハッチがあり、ライズ狙いのフライフィッシングが出来るのは最高。アマゴもサビなど皆無のグッドコンディション。今後は、もっと気軽に釣りが出来るように期待しています。
当日、北は岐阜県から西は兵庫県と遠くからフライフィッシャーが最終的に20人近くも集合。ありがとうございました。

この調査は、事前申し込み制で、今年はもう締め切られており参加は出来ません。でも2008年冬も実施予定とのことなので、興味のある方は来年参加下さい。
現地情報は、フライショップ「ペスカドール」http://pescador.exblog.jp/へどうぞ。



2007年12月10日(月)

波のプールにユスリカハッチ

はなさき公園波のプール(埼玉県)

12月7日は、埼玉県加須市にある、はなさき公園の波プールへ。
風も弱い、穏やかな日で若いルアーマンが何人もキャストしています。
プールに着いて、ふと底を見ると、驚いたことにユスリカの巣がビッシリと出来ている。
この巣をいくつか取りだしてみると、体長5mmの幼虫。てっきり赤い幼虫かと思ったら生成り色。それから、すでに蛹になっている個体もあり、この日3時前後から少しハッチしてきました。
結局ハッチ量は比較的少なかったのですが、ここにいるマスは先を争うようにライズ。それは楽しい希にみるミッジングになった。
ただ、ここにいるマスは、アベレージが大きく、素晴らしいファイトを見せる。
その為、ハッチしているアダルトやピューパサイズに合わせたフライでは、ティペットがまるで持たない。
結局フックサイズで有利なシャックパターンで、ライズ直撃というのがもっとも効率の良い釣り方でした。ただ、せっかくのゴールデンタイムに、他のフライフィッシャーは誰もおらず非常に残念。



2007年11月25日(日)

サケ帰る


2007年11月24日。
群馬県の渡良瀬川へ水生昆虫チェック。
この秋の相次ぐ大増水で、川底はすっかりきれいに洗い流され水も澄みきっている。
2007年関東地方の水生昆虫事情は、非常に悪かった。2006年末の大雨による大増水の影響で、本来、冬の間ずっと豊富にあるはずの川に沈んだ落葉が、すべて流されたからだ。
冬、陸生昆虫なら冬眠するところだが、水生昆虫は、落葉由来の豊富なエサと、落葉にカバーされた安全な住みかでどんどん成長する。
水生昆虫が少ないということは、魚のエサが少ないということだけではなく、昆虫食の多い鳥類へ。さらにそこから・・・食物連鎖への影響は計り知れない。
つまり、山から海へもたらされる栄養分も、非常に少なかったということにもなる。この辺の話は難しいけれども、落葉をそのまま海に放り込んでもただのゴミ状態。
山や河川内で落葉が様々な生物に分解されてその結果としての栄養塩として海にもたらされなくては海の生物への食物連鎖がスムースに繋がっていかないというような話。
・・・と見れば、川底に大きな魚が沈んでいる。
そのつもりで見回すと、流心部の底にも、白い大きな魚体が2匹沈んでいた。それから、下流の瀬に向かおうとすると、右岸の際から数匹の大型魚がササッと沖へ走る。まだ、元気な連中もいる。
関東でも、利根川などでは、この季節かなりの鮭の魚影を見ることが出来る。
それ自体は喜ばしい。しかし、稚魚放流してそれが帰ってきた・・・それだけでは、悲しい。
やっぱり自然産卵して、それが孵化して川を下り、また帰ってくる。それが河川環境の指標として大きな意味を持つ。
それには、ポーズだけでは形にならない総合的な河川環境への配慮ってやつが必要になってくる。環境というとつい無力感にさいなまれますが、とりあえず、鮭の密漁をしないということだけでもかなり違うのだけれど・・・。
遡上鮭の群れが、いつの間にかオスばかりという有様をよく見かけるのです。



2007年10月21日(日)

松川湖上流


10月12日は、静岡県伊東市の松川湖上流でドリフターをチェック。
流れの水温は、11時で17.4℃。最高水温は、13時で18.1℃。
ドリフターは、日中に多く、ミジカオフタバコカゲロウ、ヨシノコカゲロウがメイン、夕方頃には、シロハラコカゲロウもハッチ。
この松川湖上流では、10月31日までアマゴ釣りが出来る・・・と思って出かけて来た・・・ところが、ふと流れ込み付近をみると大ゴイの群れ。
いや、それだけじゃない。流入水流に沿って何匹ものニジマスが定位している。
観察していると、その先頭にいる何匹かはかなり積極的。右へ左へとドリフターを探し回っており、時々ライズもする。だが、この連中はサイズが30cm未満。ところが、その後ろには、日本とは思えないようなサイズの連中が・・・。
もう、この日一日だけで帰られましょうか、1日とばして14日も湖のフライフィッシングにはまってしまいました。

この湖は、ハードルアーやフライフィッシングだけが出来る釣り場で、1年の内2月だけが禁漁とのこと。湖が満水になる11月ごろには最高に面白くなると、監視員さんのアドバイスあり。