2009年11月11日(水)

天竜川キャッチアンドリリース2009スタート


11月となれば、天竜川キャッチアンドリリース区間のスタート。10日は、正午過ぎに中島右岸に到着、川を遥かに見下ろすパーキングから見れば、フラットな水面にライズが見えた・・・この時、すでに曇っていたが、川へ降りる階段、ゴロタ石の踏み跡歩きでは、すっかり汗をかいてしまった。

まずは、中島第一プール右岸側流れ込みへドリフターネット(流下昆虫採集網)をセット。この時1240分。下流方向に、ポツポツとライズが見えた。

ネットを入れれば、直ぐにフタモンコカゲロウがハッチ(羽化)していることがわかった・・・だが、そのハッチもすぐにストンとレベルダウン。午後から夕方にかけて、シャック(水生昆虫の脱皮殻)主体のドリフター展開になってしまった。

結局、この午後は、水面下50センチぐらいをシャッカー#18(フタモンコカゲロウサイズシャックパターン)をナチュラルにドリフトすると、意外に好反応。サイズは・・・ですが。


さて、この前日。水生昆虫を調べようと天竜川のとある支流に入ってみた。すでに晩秋情緒の沢スジを歩いていると聞こえて来たのは、ただならぬ激しい水音。見ればそこに真っ赤なコイ?・・・いやいや、体側にルビーの斑紋をちりばめた・・・巨大アマゴ。惜しいことにそのアマゴは、たちまち姿を消し。その代わり、岸辺にはすでに産卵を終えたのか、巨大アマゴのオスがすでに息絶えていた。体長は43センチもあった。

体格から見て、この細い沢で、これほどに成長するのはちょっと難しいだろう。見かけもまったくサーモンそのまま。どうやらこれは、天竜川本流から遡上してきたサツキマスかもしれない。




2009年05月30日(土)

5月13日栃木県日光市川治温泉男鹿川C&Rエリア


5月13日、栃木県日光市川治温泉の男鹿川キャッチアンドリリースエリア。
この季節でも、水温がまだ10〜11℃という冷たい流れ。そのため、今でも昼頃に一山ハッチのピークがあり、ライズが発生。
ドリフターは、シロハラコカゲロウにヨシノコカゲロウ、トビイロコカゲロウ、ネイブルコカゲロウとコカゲロウ系がメイン。ただ、その量から比較すれば、メインとはいえないけれども圧巻はミドリカワゲラ(セスジミドリカワゲラ)。ポトリポトリと落ちているのだ。
左岸沿いにある遊歩道からちょいと降りて水際を見て回ればその陸上羽化シーンがあちこちで観察出来た。これほど楽に観察出来るポイントも珍しい。だいたい11時ごろから午後の後半ごろまで観察に適している。美しい黄金ストーンフライの羽化シーンをご覧ください。
また、夕方18時ごろからは、再びライズが始まり、ピークにはほとんどライズストーム状態。
しかし、そのライズの数がいくらすごくても、トラウトの賢さも並ではなく、かなり冷や汗もの。
その上、ただ難しいというだけではない。50センチオーバーもザラだし、フルライン走られてそれっきりという場面もあった。




2009年04月18日(土)

4月14日栃木県塩谷町鬼怒川


曇りのち雨という天気予報を承知で、栃木県塩谷町の鬼怒川へ。
11時過ぎに現着。今にも降りだしそうな暗い空は、スーパハッチを大いに期待させる・・・・が、予想外だったのは、かなりの渇水。
解禁以降、様々な釣り人に攻められ続けてこの低水位。これではいくらドリフターがあっても日中のライズは難しいかも?
・・・まっ、ヤマメのご機嫌はともかく。4月にこのような水生昆虫的好天は非常に貴重・・・なのに、期待のドリフターは極少、相変わらずツイておりません。
それでも、12時過ぎにやっとポワンという小さなディンプルライズを発見。まるで、ウグイの稚魚か・・・とでもいうようなショボイライズ・・・でもこれが・・・。
ドリフターは、急増したトビイロコカゲロウの羽化したシャック数十体、ユスリカパラパラ.エラブタマダラカゲロウのスピナー1匹、ヒゲナガカワトビケラのシャック2体。
ネットには入らないが、ヒゲナガのアダルト、ウルマーのアダルトは時おり水面へ飛来している。
これらのデータを、どう読みどう釣るかが、フライフィシングの一番楽しいところ・・・。
程なく鬼怒川は、ザーザー振りの雨となり、お楽しみのイブニングも出来ずに撤退。またの出直し。



2008年04月01日(火)

出張!ドリチェ研究会


3月20日、大分県日田市、筑後川水系川原川、道の駅せせらぎ裏にてドリフチェッカー研究会が開かれました。
主催=フライショップ「げんごろう」福岡県太宰府市 http://homepage3.nifty.com/gengoro/

今回は、ドリフターを見ながら釣りをして、さらに「カリタ式天然素材本舗」ヴェインファイバーを使ってのタイイングまでしてしまうという盛りだくさんでした。
朝はまだ小雨降る天候で心配しましたが、やがて雨も上がってなかなかのドリチェ日和となりました。
ただその後ハッチが増えず物足りない印象はありましたが、ナミヒラタカゲロウや、オオヒメフタオカゲロウなど大きなカゲロウのハッチも見られ、なかなか貴重な時間でした。
特に、オオヒメフタオは、まだ仮称の新種で九州では初発見。すばらしい!

今後、「出張!ドリフターチェック研究会&タイイング」を随時やっていくつもりです。ご希望があるグループの方はご一報下さい。



2007年12月24日(月)

日置川(和歌山県)にて公開ドリフチェッカー開催


12月22日 和歌山県日置川にて公開ドリフチェッカーを開催。
日置川下流部の、指定区間では、日置川漁業協同組合による「冬期アマゴ生態調査」(12月1日から2月29日まで)が行われている。今期はその2年目。
つまり、試験的に放流されたアマゴが冬にどういう動きをするか調査しようということで、ヒットしたアマゴの情報は漁協へ調査票という形で報告することになっている。
その日置川で、ライズが流れ一面に発生するという。しかもそれがメチャ手強いということで、私は勝俣氏と一緒に行ってきました。
詳しくは、雑誌「フライフィッシャー」に夏頃掲載予定。
20日に現地到着。やっぱり和歌山県は温暖な気候、ホントにライズ無限のパラダイスが存在した。それなのに公開日になると雨嵐で・・・ともあれ、冬でありながら、水生昆虫の各種ハッチがあり、ライズ狙いのフライフィッシングが出来るのは最高。アマゴもサビなど皆無のグッドコンディション。今後は、もっと気軽に釣りが出来るように期待しています。
当日、北は岐阜県から西は兵庫県と遠くからフライフィッシャーが最終的に20人近くも集合。ありがとうございました。

この調査は、事前申し込み制で、今年はもう締め切られており参加は出来ません。でも2008年冬も実施予定とのことなので、興味のある方は来年参加下さい。
現地情報は、フライショップ「ペスカドール」http://pescador.exblog.jp/へどうぞ。



2007年12月10日(月)

波のプールにユスリカハッチ

はなさき公園波のプール(埼玉県)

12月7日は、埼玉県加須市にある、はなさき公園の波プールへ。
風も弱い、穏やかな日で若いルアーマンが何人もキャストしています。
プールに着いて、ふと底を見ると、驚いたことにユスリカの巣がビッシリと出来ている。
この巣をいくつか取りだしてみると、体長5mmの幼虫。てっきり赤い幼虫かと思ったら生成り色。それから、すでに蛹になっている個体もあり、この日3時前後から少しハッチしてきました。
結局ハッチ量は比較的少なかったのですが、ここにいるマスは先を争うようにライズ。それは楽しい希にみるミッジングになった。
ただ、ここにいるマスは、アベレージが大きく、素晴らしいファイトを見せる。
その為、ハッチしているアダルトやピューパサイズに合わせたフライでは、ティペットがまるで持たない。
結局フックサイズで有利なシャックパターンで、ライズ直撃というのがもっとも効率の良い釣り方でした。ただ、せっかくのゴールデンタイムに、他のフライフィッシャーは誰もおらず非常に残念。