2012年12月18日(火)

11月25日岩手県大槌川


民話などでよく知られた「遠野」に近い山地から流れ出し、太平洋に注ぐ大槌川。その下流域にサケが遡上していると聞いて行ってみた。
この大槌川下流域は、湧水の多い地域で、被災した市街地の中にも湧水源がいくつもあったという。
しかし、東日本大震災による津波と地盤沈下でその湧水流の水生生物はその後どうしているだろう。現地に来て聞くと、その湧水流には本州では珍しい、イトヨの生息地があり、しかも淡水域だけで一生を送る陸封型イトヨがいるという。ただ、生息していた湧水流も、津波の海水に呑み込まれてしまった。
だが、うれしいことに教えられた流れを覗くと、いくつかの群れが直ぐに見られた。その魚体を見ると、2〜3センチぐらいの小型魚と6センチを越えるような個体も一緒に泳いでいた。どうやら一年で産卵して一生を終えるのが多いといわれているけれども例外も少なくないようだ。
驚いたことに、そのイトヨウオッチングをしていた小川にも、サケが遡上しており、ウグイやヤマメやら諸々の魚種豊富なこと。この流程1キロもないようなまさに細流なのに生き物はずいぶんと賑やかで。手軽な自然観察ポイントとして素晴らしいと思った。
※イトヨは、最大でも10センチぐらいの小型魚で、降海型と陸封型がいる。北半球の亜寒帯(冷水域)に生息しており、オスが、産卵地として水草などを集めてトンネル状の巣を作ることで有名。



2012年10月16日(火)

秋のカゲロウ


栃木県鬼怒川上流にある川治温泉は、渓流を見ながら入れる立ち寄り露天風呂「薬師の湯」で有名。また、その渓畔には無料の足湯まである。

この川治温泉街付近の男鹿川や鬼怒川は、キャッチアンドリリース(釣った魚を殺さないで放流する)釣り場になっており、特別に魚影が濃い。本来なら10月は、ヤマメやイワナなどの渓流魚は禁漁期である。しかし、10月末まではニジマスに限って釣りが出来る。

その昼過ぎ、ふと岸際の淀みを見ると、妙な物体が水面を漂っていた(矢印)

これは、カゲロウが水面で羽化した後の脱皮殻。その殻を拡大してよく見ると、腹部側面にあるエラが「人」の字状になっている。これはトビイロカゲロウの仲間にある特徴。そして、腹部背面にある斑紋を見ると、秋だけに羽化するウェストントビイロカゲロウだとわかった。

日本にいるこの仲間の普通種としては、春に羽化するトゲトビイロカゲロウがいて、初夏に羽化するナミトビイロカゲロウはわりとフライフィッシャーなどにはよく知られている。

このウェストンは、この3種内では一番大きくて山地渓流に生息しており秋だけに羽化する。

この日他には、フタモンコカゲロウやサイドコカゲロウ、ウスバガガンボの羽化も少し見られた。

夕方には大型種チラカゲロウのスピナー(成虫)が飛来してきて、良型ニジマスがライズした。

この105日の水温は、18.4℃




2012年04月29日(日)

4月29日快晴後曇り


静岡県西部を流れる太田川水系吉川。水生昆虫の年間最高レベルのハッチピークにさしかかる季節です。
しかし、渓畔を歩くだけで汗がだらだら流れ、水生昆虫の姿はまったく見えません。水位が10センチ以上高いのは、数日前の雨でしょうか、薄い濁りもある。それでも強い日射しに、水温は15時に18℃にまで急上昇。
その15時頃からやっと薄雲が広がりやや過ごしやすくなってきました。
結局渓畔では、シオヤトンボだけが大きな顔をしてハンティングをしており、流下昆虫を集めるネットにも脱皮殻すら入ってきません。
少し変化が出たのは、17時を過ぎてから。
モンカゲロウとナミトビイロカゲロウの脱皮殻が流下しいよいよ何かが始まりそうな前兆・・・が。まともに観察出来た水生昆虫といえば、セスジミドリカワゲラ成虫、コグサヒメカワゲラ成虫、サツキヒメヒラタカゲロウ成虫だけがそれぞれ一匹ずつフラリと目前に飛来しただけという、まれに見るスローな日になってしまいました。
それでも、オオマダラをチラリと目撃しましたし、モンカゲロウもいよいよハッチシーズンに突入しかかっています。





2011年12月29日(木)

身近な水生生物観察ガイド出版


2011年12月19日に、文一総合出版より「身近な水生生物観察ガイド」を出版しました。
全カラー159ページで、主なテーマは、
1)水の流れと川の関係
2)水生昆虫の体のしくみ
3)おもしろい生態と行動
4)水生昆虫を探す観察する
5)身近な水生生物図鑑
6)川を調べてみる・・・・・その他
水生昆虫撮影法から、水生昆虫を使った魚の釣り方、EPT指数などを使った新しい河川環境調査法まで詳しく扱っています。
書店などで見かけた際には是非お立ち読みなどよろしくお願いします
また、去年出版した「水生生物ハンドブック」も近日電子出版されます。
是非、川辺でご覧下さい。





2011年10月30日(日)

山地渓流のカエル


本州中部の山地渓流には、ナガレヒキガエルという、山地渓流だけに棲み産卵する珍しいヒキガエルがいる・・・といわれている。
そしてつい先日、静岡県西部の山地渓流でついにそのナガレヒキガエルに遭遇・・・?。
もともと本州には、近畿以西に生息するニホンヒキガエルと北海道から本州東北部に生息するアズマヒキガエルがよく知られており、低山地や人家近くの林や藪に出没する。
しかし、実際には人間によって移動されて、今やアズマとニホンの生息域は非常に混乱している。そして、このナガレヒキガエルは、山地渓流にはいたが、特徴的にナガレかどうかの判断はこの写真だけではつかなかった。残念である。
まあ野生生物を飼いたい人がいて、売る人がいて、本来の生息域外へ逃げる逃がす。ゲンジボタルなども、生息地によって発光パターンが違うという興味深い生態があるのに、ホタル観賞イベントのために原産地を無視して移動したり養殖したりということから、発光パターンの混乱が発生している。
さて、カエルといえば、渓流に生息する日本一の美声ガエル、カジカガエルを紹介しておこう。春から夏、渓流の夕暮れに湧いて響くあの美しい鳴き声からは、まったく想像がつかないような地味な姿。すぐそばで鳴いていても、なかなかその姿は見えないカエルである。
もう一種は、ナガレタゴガエル。これはまた世界的に珍しい渓流性アカガエル。春頃に渓流の砂利の中から小さくクィクィというような、とてもカエルとは思えないかわいい鳴き声を聞かせてくれる。だが、その姿を実際に見ることは非常に難しい。








2011年10月25日(火)

ダムは大水害をもたらす


日常的に川で仕事をする者にとって何が恐ろしいかというとダムの存在である。それは、天候や下流に人がいるかなど関係なく突然水を放流するからである。
もちろん大きな放流をするときにはサイレンが鳴ったり広報車が回る。まあそれも、川の水音で聞こえないことも多い。また、20〜30㎝程度の放水の場合だと何も下流に知らせないことが多く、私などは実際恐ろしい目に何度も遭っている。
深い川に立ち込んでいると、たとえ20㎝の水位上昇でも、人は簡単に流されてしまうのだ。
まあそれでも、世のため人のためにダムがあるのなら仕方がないかと・・・思いがちである。ダムを作るときの殺し文句は「洪水を防ぐ」。この一言で国民は信じて安心する。ところが、これは嘘である。
なぜなら、ダムは構造上満水になると崩壊の危険が高まるので水位を下げるために放水をする。その時、下流でどれほどの洪水になっていようがお構いなしなのである。
ごく最近の例では、2011年の7月末に新潟県の大谷ダム他が大増水のさなかに放流をして堤防が破壊され、1万人以上が避難した。
また、よく知られたところでは、2005年の広島県太田川で、台風14号の豪雨で大水害になった。その洪水警報の最中、上流の温井ダムが放流している。
そして、2011年10月タイ国の大水害である。これも、上流にあるいくつものダムが一斉に放流して史上希に見る大水害を起こしている。
だからといって、関東平野に住んでいる自分も無縁な話ではない。
例の群馬県八ッ場ダムは、関東一円や首都圏の水害を防ぐ切り札のように報道されている。しかし、本当に大雨が降って利根川、荒川が増水し八ッ場ダムが満水になったら、放水してくるだろう。もしダムが崩壊したらそれこそ言葉にいえないほどの大水害になる・・・このダム崩壊も人事ではなくアメリカを始めとしていくつもの国で実際起こっている。
それこそまた関係者だけが「想定外」と言い訳するようなの大水害が発生する可能性がある・・・全然想定外ではないのだが。
また、八ッ場ダムの水を水道として使うなどとも言っているが、ダム上流にはヒ素や強酸性水の流れる支流があり、毎日60トンの石灰を混入しなければならないほどの悪水に大金をかけて飲まされるとはいったいどういうことだろうか。いや、簡単な話、ダムを作らなければよいのだ。原発と同じく。