2018年01月11日(木)

奥尻島の異変


2017年晩秋、新聞各紙に北海道南西部にある奥尻島の漁獲高が年々大きく減り続けているという報道があった。1993年震災からの復興期にたいへんなことである。
この島は、ウニ、アワビのほか、沿岸漁業が盛んに行われ、かつては宝の島とも呼ばれていた。
奥尻のように陸地から離れた島の沿岸漁業は、海流の状態に大きく影響をうける。 奥尻島にやって来る海流は、九州の南西で黒潮から分かれた対馬海流である
北海道の海といえば、豊かな海でうまい海産物が豊富に採れるというイメージがある。確かに、北海道へ北から流れてくる親潮は、「魚類を育てる親となる潮」という意味で、ミネラル豊富な海流である。
ところが、対馬海流というのは、元々南西諸島を流れていた海流で、親潮に比べるとかなり透明度が高い・・・つまりミネラルが少なく、その結果植物プランクトンも動物プランクトンも増えにくい。
しかし、九州には、有明湾があった。その広く浅い汽水域では九州の山々から落ち葉としてもたらされる栄養が分解されてミネラルができた。すると、ミネラルを得て繁殖する植物プランクトンが発生して、対馬海流は、ミネラル豊かな海流に変貌できた。もちろん、日本各地からのミネラル供給もある。それらが、日本海を通って奥尻島まで届いていたのだ。
今日、日本全体の現状をみれば、山の広葉樹林はどんどん切られ、河川は、防災と称してコンクリートで覆われ、河口の干潟は埋め立てられてしまった。
本来、山から供給される落ち葉は、林床や河川生物によって分解され干潟を経て効率的にミネラルに変換され海洋生物全体に食物網が繋がる根源になっていた。
今は、その大事な落ち葉が、ダムの底で腐るか、分解されないまま外洋に流失してしまう時代。
防災と称して行われる河川改修は、山地流の雨水を滝のような急流に変えて平地の本流へ一気に流し込み、洪水を作る。結局、平地の本流も防災工事で堤防を一層高くし続けなければならなる。
政府は、養殖によって種苗をどんどん生産放流して、漁業を支えるようなことをいっている。どれほど、種苗を放しても、そのエサが足りないのである。2018年こそ、広葉樹林の保全、本当に有効な防災事業とあわせて、生物力を活かせる河川環境を構築出来るように向かう一歩になって欲しいものです。




2017年09月11日(月)

川水浴


このごろ、人体の「アーシング」が少し話題になっているらしい。
これは、人体に溜まった静電気をアース(地球への接地)することで放出しようという発想・・・というか一つの健康法といったほうがわかりやすいかもしれない。
まあそこで、近頃行った川の観察会で15人の成人に対してアーシングを勧めてみた・・・といっても、川のそばにいたわけで足元の流れにちょいと手を浸してみるだけのこと。
人体へのアーシングという耳慣れぬ行為に、集まった皆さんがどう反応するのかに興味があったのですが、わりと素直に皆さんはスッキリしたとか、爽やかになったなどの感想が聞けました。
アーシングのような、ちょっと信心めいた印象もぬぐえない行動は、一般の方々には難しい発想かなとも思いました。
でも最近は、セルフのガソリンスタンドにおいては、アース盤に触ってアーシングをしてから給油するのが必須の行動。また、病院に行けば、心電図をとられたりして、人間の体が電気によって活動していることが何となく身についていたからでしょう。
また、人間が、ワラジ(湿らして履く)で歩いていたころには、常にアーシングできていたので疲れ知らずで江戸から長崎だって、どんどんあるいて行けたという見方もあるようです。
現代生活では、地球と直接接触する機会が減っている。マンションでも住宅でも静電気にくるまれて生きているような状態。体内に過剰に貯った静電気は、人間の体に様々な悪い影響があるらしい。まあ詳しくは、ネット検索してもらうとして。散歩のついでなどに、水の澄んだ流れがあったらちょいと手をつけてみませんか。スッと疲れが抜けるかも知れません。海はもちろんのこと、川や池、湖・・・大地に掘られた露天風呂なども、アーシングにはたいへん有効だと思われます。



2017年09月06日(水)

高原の泉でマス釣り

マス釣りの動画を作りました

2017年05月20日(土)

武蔵水路

武蔵水路 埼玉県行田市

この流れは、陸地を掘って人工的に作られた導水路で利根川から荒川へと水を引いている。垂直のコンクリート護岸で水流が非常に早くて近づくのはたいへん危険。だから、立ち入ることのないようにしっかりした柵に囲まれている。 ・・・ところが、こんな流れでも面白い現象が起こる。それは、利根川の水とともにこのエリアにいるはずの無いような水生昆虫がここにやって来て、この水路からハッチ(羽化)して橋の柵やら、脇の樹木などにたくさん止まっていること。思いがけない楽々水生昆虫観察ポイントになっている。 写真のトビケラは、「大河川」の平地流に生息するタイプのシマトビケラ、そうそうお目にはかかれません。




2017年05月03日(水)

初夏の知らせ


4月23日、埼玉県東松山市の荒川水系都幾川です。
平地の小さな川ですがアクセスしやすくて、水生昆虫や水生生物を観察するには最適な流れです。ところが、この日は雨不足で水位が下がっており、いつも見られるオイカワなどがほとんど姿を見せていませんでした。それでも、この写真を撮った14時頃、オオマダラカゲロウの羽化があって2頭の亜成虫が水面を流下しているのを双眼鏡で観察出来ました。このタイミングは、かなり早いので、関東でやっと羽化が始まったという様な状況だと思われます。関東地方の渓流では、5月上旬に羽化するのが例年のことです。



2016年10月04日(火)

洪水の後


このところ岩手県釜石市に出張中。ここでは、去る8月16日の夜に豪雨。それからは、何度も大雨が来てずっと川は増水状態。そして、8月30日に台風が来てたいへんな豪雨。 釜石市でも、各地で、大きな水害が発生して、今だに、通行止めになっている県道もある。 今滞在しているすぐそばにも、甲子川が流れており、30日夜には氾濫しかかったところもあったと聞く。 すぐ近くに発生した護岸の崩壊現場に行ってみると、コンクリートブロックで作られた護岸がベロリとはがれてすぐ下流にひっくり返っていた。さも頑丈そうなコンクリート護岸なのに、強い流れによって根本を掘られるとかなり弱い構造。実は、こんな被害状況は、各地の川を回っているとかなり珍しくない水害なのである。ここで注目すべきは、この上流側の河川環境。それが、2番目の写真。治水のために工事を行ったはずなのに、川から岩石や大石、岩を除去して、川底を平らにする河川改修工事を行っている。この直線的な護岸から発生した急流がちょうどぶつかる地点が、今回の護岸崩壊現場になっている。川の水を出来るだけ早く下流へ流してしまおうという発想で作られるこの河川改修工事は、滝のごとく一気に流した水流が、下流で水位を急増させたり、護岸を傷める結果を招く。だから下流ではもっと高くて頑丈な堤防を作らねば氾濫を防げなくなる河川改修の連鎖を招いている。 しかも、写真を見ればわかる様に、平時に浅く変化の乏しい流れは、魚や水生生物がたいへん棲みにくい環境になってもいる。そのうえ、人も動物も立ち入れないような河川構造にして、しかも、水害を引き起こす原因になっては・・・。ともあれ、このような河川改修がされている川の近くに暮らす方々は、非常時に避難をためらうことの無いように願います。