2006年09月29日(金)

放流は危ない!

平水の渓流
ダムの放流によって増水した川。

9月の中旬は鬼怒川水系におりました。
雨がちの天気の上に、台風接近か?という状況で、水生昆虫の動きは乏しく一旦引き上げようか思っていた頃。
渓畔道路を、上流方向から宣伝カーが何か放送しながら走ってきます。
「なんだい、騒がしい。こんな山奥に何を売りに来たか・・・」
最初、谷に反響してよく聞き取れません。
(どうせ、私には関係ない・・・)
そのうち、「放流します」と聞き取れた。
(おおっ、ヤマメでも放流するのか)
「毎秒○○トンの放流を・・・」
なんと、ダムの放水でした。永いこと川でウロウロしていますが初めての状況です。
(別に大雨が降っているわけじゃなし、2〜30センチぐらい水位が上がるのだろうか)
そこへ友人の地元フライフィッシャーがやって来ました。
「たぶん、こん回の放流量だと2メートル以上水位が上がるかもしれません。直ぐ上がって下さい」
でも、その時間が来たのになかなか水位は上がりません。
(ええ〜っ?本当に、そんな水が来るのかな)
・・・とふと水際を見ると・・・河原の石がなにやらウルウル水っぽくなってきたかな。
・・と次の瞬間、水音が急に高まって河原全体から湧くように水が出てきてもう、川全体が滝のような有様。
てっきり、大波が津波のように来るのかと思っていたのですが。
「ウルウル・・ドゴゴーッ」
信じられないパワーの水流。水が増えてから川を渡るなどまったく不可能。生きては帰れません。
やっぱりダムの放水にはそうとう気を付けなくては行けません。聞くところによると、川によっては定期的に放水しているために、警報や広報活動をしない場合もあるようです。
よそから訪れたものには、そんなことわかりませんから、非常に危険です。
以前、丹沢でキャンパーが、ダム放流の犠牲になって多数亡くなったこともありました。
警報や、地元情報にはくれぐれも気を付けましょう。



2006年09月06日(水)

謎のカゲロウがついに羽化!埼玉県荒川

岸際に浮かぶオオシロカゲロウ。水中には、産み落とされたクリーム色の卵塊が沈んでいる。

ここ数年、ずっと探していたカゲロウがやっと見つかった。
なにせ、年に一度9月にしか羽化がなくて、近年その時期になると台風やら大雨などの洪水でお流れ。
それが、9月4日、埼玉県の荒川に出現した。私も、初めて見るオオシロカゲロウ。

実は今年、夏の初めに幼虫を採集出来たので、水害に備えて飼育しており、今年は万全の体勢になっていた。
それでも、その時期が近づくと待ち遠しくて・・・なにせ、羽化後たった数十分で死んでしまうという話だったから出会うのは大変である。もう1週間も毎日夕方になると荒川通い。
それが、実にあっけなく、9月4日18時過ぎ、まだ明るいというのに前触れにパラリと2匹が羽化。これは来るかなと待っているそれっきり。つぎの羽化が始まったのは19時をかなり回ってから。
このカゲロウに何故注目していたのかというと、その生態が謎だらけで、見つけにくい。それなのに、身近な荒川に大量に生息している・・・らしいということ。
その見つけにくいのは、幼虫は、川の底質内に深くトンネルを潜って生息しており、その上、羽化が真っ暗になってから。そのくせ、やっと羽化したと思ったらすぐ死んでしまう薄命。
これは、実際に観察して見たら、メスだけが羽化、その直後なんと亜成虫のまま産卵して死んでしまった。
つまり交尾すらしなかった。いったいどうなっているのか?
この生態に関しては、産地によって、オスが出て亜成虫から成虫になり交尾もするというところもあるということで、やっぱり訳がわからず、なお一層不思議なのである。



2006年05月03日(水)

千曲川川上村4月25〜26日


4月25日千曲川(川上村)
朝は晴れていましたが、11時頃からやや雲が多くなって12時頃には激しい雪模様。ひどく寒くて参りました。
しかし、水温は9℃をこえ、昼前から、シロハラにフタバコカゲロウがハッチ。流れのあちこちでライズが始まりました。
雪は、30分ぐらいで止みその後は徐々に晴れてきました。ハッチの方は、ウスバガガンボに、小型のコカゲロウ数種まで加わって久々に素晴らしいハッチ模様となり、ライズは夕方まで続きました。ライズの主は、ウグイ混じりのイワナ。それにしても、C&R区間でもないのにちょっと驚くようなセレクティブな反応で、同行した勝俣雅晴氏も、久々に面白かったと言っておりました。
なお、Rise Catcher clubの方には、更新情報があります。



2006年04月08日(土)

長崎県嘉瀬川


3月18日、佐賀県古湯温泉の脇を流れる嘉瀬川C&R区間でドリフチェッカーをやった。
昨日も、熊本県白川でドリフチェッカーをやっており2日連続の取材。
なにせ、エスエイジイエイ・・・SAGAの佐賀県でドリフターを調べるのは初めて。期待してやって来ました。
ここは、見た目どおり川の規模、渓相ともに素晴らしくフライフィッシング向きな平瀬がある。情報では魚影もかなり濃いという。
ところが、前夜からの雨は降り止まず。川は朝からもう濁ってしまっていた。
それでも、ドリフターを集めるネットをセットしてみると・・・9時すぎからウスバガガンボがハッチ。10時からはフタバコカゲロウ、サイドコカゲロウがドリフターになってきた。水温は8.5℃。
さらに。昼を過ぎる頃には、ネイブルコカゲロウに、シロハラコカゲロウもハッチ流下。
ドリフター状況はかなり順調。しかし、一旦濁ってしまった流れからライズはまったく見えない。
現場には、福岡県太宰府のフライショップ「げんごろう」の釣り仲間が10数人も集まってくれ終日ドリフターを一緒に観察して盛り上がりました。
だが、肝心の天候は夕方近くになっても雨は止まず、濁りっぱなしでライズ無し。
結局ドリフターを、チェックしたのみでワンキャストも出来ません。福岡空港に降りてから、1週間なにも結果が出せず・・・先月のようなぼ〜ず流浪旅に陥っています。明日19日の午後からは、熊本県白川に戻り、ドリフチェッカーの延長戦を・・・。



2006年03月25日(土)

大分県大野川


3月12日から22日まで九州の川を回ってきました。
最初は、大分県竹田市の大野川。13日15日16日の3日間を過ごしました。
初日13日は朝に小雪が時々舞い、14日は午前中を中心に数センチも雪が積もる有様。九州なのに思いっきり寒くて参った。
その挙げ句に15日は土砂降りの嵐。
この川は阿蘇連山の北側を流れており、あちこちから湧水が流れ込んでいる。
そのため、こんな天候の日々でも、日中の水温は13〜15℃と安定していた。
その湧水の影響は、水生昆虫の動きに大きく現れていた。
水生昆虫の羽化は、昼前から午後がメインで、サイドコカゲロウ、ヨシノコカゲロウ、シロハラコカゲロウなどコカゲロウ系は多数。
さらに、午後を中心に、もうアカマダラカゲロウにエラブタマダラカゲロウ、エルモンヒラタにナミヒラタ。
さらに驚いたことに、午後5時頃には、シーズンのハシリだろうけどモンカゲロウまで出てきた。
水中の季節進行は、関東あたりに比べると確実に一ヶ月ぐらい早い様子。
カワゲラは、オナシカワゲラが、アダルトを数匹見かけた程度。その代わり、ウルマーシマトビケラにコガタシマトビケラ、ヤマトビケラ
はかなりの量が出ており、マルツツトビケラは、たくさんのケースだけが川底の石に残されており、ハッチはすでに下火段階に入っている模様。
水中写真には、ヒゲナガカワトビケラのネットと、たくさんのヤマトビケラのケース、コガタシマトビケラのネットも二つ見えます。
このように、水生昆虫には素晴らしい川でしたが・・・ヤマメの姿はサッパリで・・・。



2006年02月04日(土)

渓流解禁スタート


2月1日、愛知県寒狭川12時。
待ちに待った解禁。それがどうだ。この雨。大きな雨粒が水面を激しく叩くので、ライズがどうのという話ではない。
この有様の中で、ドリフターチェック。2月、土砂降りの雨。いったい何が流れるというのだろうか・・・
何事もやってみなくてはわからない、意外に出ましたね・・・ユスリカが。
この模様は、近日、雑誌「Fly Fisher」に掲載予定なので、詳しくは誌上にてということで・・。