水生昆虫Riverファイル

2016年10月04日(火)

洪水の後


このところ岩手県釜石市に出張中。ここでは、去る8月16日の夜に豪雨。それからは、何度も大雨が来てずっと川は増水状態。そして、8月30日に台風が来てたいへんな豪雨。 釜石市でも、各地で、大きな水害が発生して、今だに、通行止めになっている県道もある。 今滞在しているすぐそばにも、甲子川が流れており、30日夜には氾濫しかかったところもあったと聞く。 すぐ近くに発生した護岸の崩壊現場に行ってみると、コンクリートブロックで作られた護岸がベロリとはがれてすぐ下流にひっくり返っていた。さも頑丈そうなコンクリート護岸なのに、強い流れによって根本を掘られるとかなり弱い構造。実は、こんな被害状況は、各地の川を回っているとかなり珍しくない水害なのである。ここで注目すべきは、この上流側の河川環境。それが、2番目の写真。治水のために工事を行ったはずなのに、川から岩石や大石、岩を除去して、川底を平らにする河川改修工事を行っている。この直線的な護岸から発生した急流がちょうどぶつかる地点が、今回の護岸崩壊現場になっている。川の水を出来るだけ早く下流へ流してしまおうという発想で作られるこの河川改修工事は、滝のごとく一気に流した水流が、下流で水位を急増させたり、護岸を傷める結果を招く。だから下流ではもっと高くて頑丈な堤防を作らねば氾濫を防げなくなる河川改修の連鎖を招いている。 しかも、写真を見ればわかる様に、平時に浅く変化の乏しい流れは、魚や水生生物がたいへん棲みにくい環境になってもいる。そのうえ、人も動物も立ち入れないような河川構造にして、しかも、水害を引き起こす原因になっては・・・。ともあれ、このような河川改修がされている川の近くに暮らす方々は、非常時に避難をためらうことの無いように願います。




2016年05月29日(日)

川を甦らせる一手

コンクリートで固められていなくても、水生生物にとって重要な棲みかである石が砂に埋もれていると、あらゆる水生生物にとって非常に棲みにくい環境になってしまう。 ダムや砂防、床固工や生物への配慮のない様々な河川工事の影響で、このような川底がどこに行っても見られるようになっている。 このような川へ遊びに行っても丸で楽しくないもの。魚も水生昆虫もいないのだ。 けれども、手はある。日本ではまだ見かけないけれども、海外では、水生生物全体の生態系復活のために、石積みシェルター工法が行われている。 つまり、石をピラミッド状や半島状に積むことによって、水流に強弱変化をつけ、魚の付き場、稚魚や様々な水生生物の逃げ場、隠れ場所を石積みで作る。まあ、石を積むだけの簡単な構造だが、現代の川にある問題を大きく改善出来る素晴らしい方法。また、石積みとそこへの通水によってバクテリア諸々が水質を浄化する効率も非常に良くなる。川へ遊びに行ったら、ただ小石を投げるのではなく、大きな石を水中へ積んで遊びましょう。それから、半月もしないうちに、そのシェルターには、ヨシノボリやらスジエビ、様々な水生昆虫が棲み着いているでしょう。 「構造作例サンプル用」に小さく作った石積みシェルターの写真を用意しました。 ピラミッド石積みー長い矢印の水流は流速が上がり、短い矢印のエリアには、逆に流速の遅い巻き返し流が発生する。こうして単純だった流れに流速の変化が発生した。たったこれだけのことでも、それぞれの微妙な環境を好む水生昆虫が棲み着くのが観察出来る。 半島石積みー流れに対して、90度から45度ぐらいに半島状に石を積み、半島の一部はやや低くして越流を作る こうして、流速の早い流れと越流による落ち込み、巻き返しの緩流部を作る 次の機会には、水中カメラか水中観察用箱メガネなどをもって結果を見に行きましょう


2016年01月18日(月)

2016年、新年を迎えて・・・日本の失われた環境を取り戻したい! その一


このままの政治傾向から行き着く先は、原発難民・・・どこへ?
ですが、こっちも重要課題。
水生生物が消え、鉄砲水を吐き出す・・・死の川だらけの日本。
写真は、たまたま長野県千曲川水系の山地流です。流域は、それまで緑豊かで良好な自然環境でした。ところが、川が「改修工事」でコンクリート三面護岸化されたので、水生生物が棲めるような環境が無くなり一部のバクテリアしか棲めない死の川になってしまった。だが、ここで化学的な水質検査をすれば、もちろん「水のきれいな川」と判定される。
しかし、EPTなど生物学的水環境調査手法でチェックすれば、カワゲラやカゲロウ、トビケラなどがまったく見られないことから最低レベル。一般河川ではあり得ないほどの環境の悪化した川だとその実態がハッキリと数値化出来る。
問題は、ここだけではなくて、今や日本中にこんなデッドリバーがいくらでもあること。このような流域では、太古の昔からあった、落ち葉から始まる食物連鎖網が分断されており、日本全体を取り巻く環境悪化の原点となっている。
・・・だからどうした。こんな川がどうなろうと、我々の暮らしに何ら影響が無い・・・と思ってしまうわけですが・・・そうではありません。将来、徐々にその影響が大きくなるからたいへんなのです。
死んだ川の影響とは、まず2点。
・冬から初夏、陸生昆虫の少ない時期に、川からは、大量の水生昆虫が羽化する。 この水生昆虫達をエサにして、河川流域の鳥たちは、繁殖を行う。 ところが、エサがなければ鳥がいなくなり、農業害虫が非常に増える。
・ここに魚はすでにいないが、下流に棲む魚であってもエサが足らなくなり、減少する。魚を食べる鳥や動物、人間が困ることになる。
さらに、水生生物の極端な減少は、落ち葉などから始まる、陸水系食物連鎖網が壊れて、河川からやってくるミネラルなどの栄養補給に頼っている、海洋生物に大きな影響が出てくる。
海洋生物食物連鎖網での、原点的な植物プランクトンの栄養がまず足らなり、動物プランクトンが減って、貝や稚魚のエサがなくなる。 また同時に、河口付近、汽水域の干潟が発生するような水域が大変重要で、海洋生物のふるさと的な存在。
その干潟系を役立たずでムダな水域的判断をして、埋め立て、消去し続けているのが近代日本の現実。有明海でも、大規模にやりました。この影響は、これから長い年月を経てジワジワ増大して、誰でもわかるようになったときにはそれは恐ろしいことになる。
日本人にとって、海産物の無い暮らしなんてあり得るでしょうか。
さらに、治水という面だけでも、三面護岸の雨樋になったような川は、雨水を滝のように一気に押し流すので、下流の平地流では、激増した水を流しきれずにあふれて水害を起こしてしまうことにもなりかねず、ひたすら、高い堤防を作り続けねばならなくなる。
その点、環境先進国では、まず元となる山地流などから能力の低下した河川を直して、流域環境改善、水生生物を増やす研究実践がどんどん行われている。
日本でのように、都市近郊河川で公園のような水路整備を主にしているのとは、方向がかなり違っている。
まっ、とりあえず明日にでも出来ることとしては、コンクリートの川底に石を置くことを提案したい。 これは、安直ながらも即効性で効果は高い。置き石、たった一つでも、数十種、数百頭の水生昆虫が棲める(連中はごく小さい種が多い) 結果、食物連鎖網への影響は顕著・・・となる。
コンクリートの川底は、砂漠と同じ。そこに、石があることで、水生昆虫の棲みかとしてだけでなく、水流に変化が出て稚魚の隠れ場所。水生生物全体のオアシスにもなり得る。
石は、一つだけだと、水流によって流されやすいが、石三つを三角形に置くと安定して、その効果は、三倍以上になる。その石の配置法が海外では真剣に研究されている。
本当は、海外で実際行われて検証されている工法で川を直せば、日本中の川に水生昆虫が増え、川にも海にも魚が勝手に増え、自然環境全体のあるべき姿の見直しにもわかりやすくなるだろう。
まっとりあえずメロンサイズの石一個、コンクリート底や小砂利底に置くだけでも、日本の環境が変わる第一歩となるのですが・・・。



2015年01月22日(木)

1月21日の川


いよいよ寒さが身にしみるのですが。埼玉県皆野町を流れている荒川です。天気予想で、風が弱いというので出かけてきました。11時50分に到着。さっそく水温を測ってみると「ウヘッ」2.1℃。ウェイダー(大長靴)を履いているとはいえ、川に立ち込んで昆虫採集などをするのは楽ではありません。その12時ごろからドリフター(流下昆虫)を採集してみると、わずか10分ぐらいで、驚くほど大量のユスリカがネットに入った。具体的にいうと、ユスリカの羽化したばかりの成虫や蛹、羽化した後の抜け殻など。これらが水面直下をビッシリと流れているのです。採集ネットの幅は、たった20センチ。それでこれほど入るのですから、川幅30メートルもある流れにどれほどのユスリカ系ドリフターが流下しているかと思うと・・・。陸生昆虫が、冬眠したり卵で越冬しているころ、川の中では、もう水生昆虫のスーパー羽化シーズンが始まっているのです。しかも、冬の最も低温になる頃には、より大型のユスリカが羽化をしてくるし、冬にしか羽化しないクロカワゲラの仲間も羽化シーズンに入って川は賑やかになります。この荒川では、ニジマス釣りに関しては、入漁券さえ買えば一年中釣りが出来る。特に、この皆野町を流れているエリアには、秩父漁協によってルアーフライ専用C&R区間が設定されていて、大型ニジマスがたくさんいる。ユスリカやクロカワゲラが大量流下する真冬は、激寒ですが釣りの大きなチャンスでもある。




2015年01月13日(火)

怪獣?出現


水中ビデオからの写真です。年末の埼玉県秩父市荒川本流でした。年がら年中、川を観察しているのに、あまりに意外なところでしかも特別大きいヤツに出会って、心底ギクリとしました。日本固有種のナガレタゴガエルです。秋から山地渓流の水中に潜って冬眠するのです。この時も、ジッとして動かずおり、つついても反応しなかった。その後2時間ほどして見に来たら、どこかへ逃げ去っていなかった。いや、いややっぱり生きていたんだと安心しました。このナガレタゴガエルは、普通最大でも60ミリぐらいなのに、この個体は倍ぐらいもあった。まあ、この個体はメスで、2月頃にはもう産卵をしようかというお母さんガエルなのですが、まるでゴジラ。生きているだけにギョッとします。普通種ですが、1990年にやっと学名がついたニューフェースです。春になれば、陸上に上がって、羽化した水生昆虫やミミズなどを食べています。



2014年11月08日(土)

男鹿川「川の探検隊」開催

男鹿川C&R区間(川治ふれあい公園前の流れにて)2013/10/28

男鹿川のC&R区間の釣りは11月1日より禁漁・・・ですが、「川遊び会」をやることになったという連絡がありました。まあそこで、刈田も出かけて川を取り巻くあれこれの話をすることになりました。
もちろん水生昆虫話や直接聞きたいことなどありましたら、是非お出かけ下さい。

2014年11月16日(日)午前10時〜12時
集合:川治ふれあい公園 9時30分
観察場所:栃木県日光市川治温泉男鹿川C&R区間
参加費:200円(保険代)
持ち物:ウエーダーまたは長靴、昼食
主催:おじか・きぬ漁協川治支部
申し込み・問い合わせ:事務局(ネイチャープラネット)坂内
TEL 0288-78-1177
メール info@neture-planet.com
※当日の連絡先:090-2318-9098(小野田)



2014年07月17日(木)

謎のメイフライ(カゲロウ)


夏の山地渓流上部で出会った大型の美しいメイフライ・・・カゲロウ。メイフライという呼び方は、英語そのままのカタカナ語、一般的にはまだあまり知られていないでしょう。だが、カゲロウというと、ほとんどの方が「ああ〜知っている。ウスバカゲロウ、アリジゴクですね」という反応が返ってきてガッカリしてしまう。このウスバカゲロウ科は、陸生昆虫であり、水生昆虫のカゲロウとはまったく無縁な昆虫です。それなのに、昆虫界には、ウスバコカゲロウ(水生昆虫)だの、ウスバガガンボ(水生昆虫)だのから、紛らわしい名前の昆虫がゾロゾロいて混乱の元になるわけです。まっだからといってアリジゴクを軽く見ているわけではない。フグ毒の100倍以上という恐ろしい猛毒があるだの、幼虫は極度便秘症でたった一度しかフンをしないだのミステリアス度の高い昆虫だ。
話題が逸れてしまった。このメイフライは、現在、岩手県南部の1カ所に生息しているのを確認しているのみ。もちろん、他の地域にもいて不思議はない。夏に山などへ出かけてこんなメイフライを見かけたら是非メール一報いただければ幸いです。



2013年04月17日(水)

4月11日岐阜県蒲田川


岐阜県の蒲田川は、あの有名な北アルプス槍ヶ岳の南面から流れ出しており、やがては神通川となって富山湾に注いでいる。

だから、ここは本州中部山岳地帯ど真ん中というまぎれもない山奥。標高は写真の地点で約800m。渓谷にはこの日も雪が降った。

ところが、この辺りはいわゆる奥飛騨温泉郷で、渓畔のあちこちに温泉が湧く。当然、流れ込む温泉も少なからずで、水生昆虫の羽化シーズンもその影響を大きく受ける。

地元の方によると、今年の3月1日、渓流釣り解禁日にはもうシロハラコカゲロウが本格的に羽化したという。そうなると関東地方の平地渓流よりも2〜3週間も羽化シーズンが早いということになる。

この日、そのシロハラはチラホラの羽化模様だったけれども、その代わりに、フタバコカゲロウやトビイロコカゲロウが多く羽化していた。他には、ウルマーシマトビケラがチラホラと飛来。目を引いたのは、フタスジクサカワゲラ。このカワゲラが羽化してくれば、その川はいよいよ初夏の顔ぶれが見えてきたということになる。だが、11日朝8時の気温は3℃・・・寒かった。




2012年12月18日(火)

11月25日岩手県大槌川


民話などでよく知られた「遠野」に近い山地から流れ出し、太平洋に注ぐ大槌川。その下流域にサケが遡上していると聞いて行ってみた。
この大槌川下流域は、湧水の多い地域で、被災した市街地の中にも湧水源がいくつもあったという。
しかし、東日本大震災による津波と地盤沈下でその湧水流の水生生物はその後どうしているだろう。現地に来て聞くと、その湧水流には本州では珍しい、イトヨの生息地があり、しかも淡水域だけで一生を送る陸封型イトヨがいるという。ただ、生息していた湧水流も、津波の海水に呑み込まれてしまった。
だが、うれしいことに教えられた流れを覗くと、いくつかの群れが直ぐに見られた。その魚体を見ると、2〜3センチぐらいの小型魚と6センチを越えるような個体も一緒に泳いでいた。どうやら一年で産卵して一生を終えるのが多いといわれているけれども例外も少なくないようだ。
驚いたことに、そのイトヨウオッチングをしていた小川にも、サケが遡上しており、ウグイやヤマメやら諸々の魚種豊富なこと。この流程1キロもないようなまさに細流なのに生き物はずいぶんと賑やかで。手軽な自然観察ポイントとして素晴らしいと思った。
※イトヨは、最大でも10センチぐらいの小型魚で、降海型と陸封型がいる。北半球の亜寒帯(冷水域)に生息しており、オスが、産卵地として水草などを集めてトンネル状の巣を作ることで有名。



2012年10月16日(火)

秋のカゲロウ


栃木県鬼怒川上流にある川治温泉は、渓流を見ながら入れる立ち寄り露天風呂「薬師の湯」で有名。また、その渓畔には無料の足湯まである。

この川治温泉街付近の男鹿川や鬼怒川は、キャッチアンドリリース(釣った魚を殺さないで放流する)釣り場になっており、特別に魚影が濃い。本来なら10月は、ヤマメやイワナなどの渓流魚は禁漁期である。しかし、10月末まではニジマスに限って釣りが出来る。

その昼過ぎ、ふと岸際の淀みを見ると、妙な物体が水面を漂っていた(矢印)

これは、カゲロウが水面で羽化した後の脱皮殻。その殻を拡大してよく見ると、腹部側面にあるエラが「人」の字状になっている。これはトビイロカゲロウの仲間にある特徴。そして、腹部背面にある斑紋を見ると、秋だけに羽化するウェストントビイロカゲロウだとわかった。

日本にいるこの仲間の普通種としては、春に羽化するトゲトビイロカゲロウがいて、初夏に羽化するナミトビイロカゲロウはわりとフライフィッシャーなどにはよく知られている。

このウェストンは、この3種内では一番大きくて山地渓流に生息しており秋だけに羽化する。

この日他には、フタモンコカゲロウやサイドコカゲロウ、ウスバガガンボの羽化も少し見られた。

夕方には大型種チラカゲロウのスピナー(成虫)が飛来してきて、良型ニジマスがライズした。

この105日の水温は、18.4℃




1 2 3 4 5 6 7 8 >>   Slide  



      Top     Recent Entries     Images     Slide     Log in     Powered by Arc/CMS