2006年01月18日(水)

荒川2006年1月16日


新年早々から、ひどいセキに悩まされていましたがやっと回復したので、荒川(埼玉県皆野町ニジマスC&R区間)に行ってみました。
川に降りたのが11時過ぎ。幸い気温は9℃もあり、岸辺の水温も8℃とかなり高い。まだ、前々日の雨の影響か少し濁り気味。
・・・さて、と流れをチェックするもまったくライズがない。ドリフターを見るが恐ろしいことにシャックの数片以外まったく無し。
12時を回ってもまったくドリフターはなくライズもない。こういう時は普通釣りはしないのですが暖かい日向で気持ちがいいので、ライズキャッチャーを使って、ユスリカラーバを60cmぐらいのタナでサスペンドしてみました。
そるとこれがなかなかで、14時過ぎ頃までは40cmオーバー混じりでよく釣れました。
ところが、15時頃からはまったくニジマスの活性が低くなり、なんとオイカワが私の#12のラーバにヒットする有様。
そうそうに引き上げて、皆野町町営温泉(入浴料500円)に入って帰宅しました。
ところで、どうしてまるっきり水生昆虫の動きがなかったのでしょうか。
無責任なようですが、ただの日並み?それにしてはまったく水生昆虫が死滅したかのような静まり様はちょっと珍しいこと。
水温の急変などがユスリカの活性まで下げてしまったのかも知れません。ただ通常は、ユスリカやこれから出てくるクロカワゲラなどにとって水温が低いことなどはまるで問題にはなりません。なにせクロカワゲラやヤマユスリカなどはわざわざ寒い時期を選んで羽化してくるのですから。今までの体験では、水温2℃以上あれば羽化が見られました。
ただシーズンを通じて水温の急低下や、冬場の水温急上昇は影響が大きいと思われます。
また、ヒットしたニジマスの捕食物はシャック破片のみでした。



2005年12月22日(木)

2005年12月20日埼玉県皆野町荒川


12月20日。埼玉県皆野町荒川冬期C&R区間。
このところの大寒波で、ついに分流が凍ってしまいました。川へ少し立ち込んで氷を割ってみましたが何の足しにもなりません。
幸いこの日は日中に気温が上がってずいぶん氷が溶けたのですが、結局上流から次々と氷が流れてきます。
午後には、ユスリカアダルトがかなり水辺を飛び回り、「おやっ」と思わせました。しかし、調べてみると新たなハッチはほとんど無く、ライズも一時少し見られただけ。
これは、水温が低いということよりも、数日前からの水温急低下が原因でしょう。水温が低くても安定すればまたハッチが起こると思います。気になるニジマスは、活性が低く、底へ沈んでいる個体がほとんど。それでも、午後の後半には流れ出し付近のごく一部ではライズが継続して見られ、ポツポツヒットさせているフライフィッシャーもいました。
いずれにしろ、これからの川は、天候をよく把握してから出かけた方が良さそうです。



2005年10月20日(木)

オオユスリカピューパ浮上


10月19日。埼玉県寄居町にあるYGLというC&R(フライ・ルアー釣り場)に行ってみました。
正午過ぎに池畔に着くと、この時間なのにライズリング。見ていると、数分に一回ぐらいは池のあちこちでライズしている。そこで、管理人さんに許可を得て流れ出し付近でドリフターを採集してみました。流れ出しとはいっても流速が遅いので、柄付きのネットで岸際の水面を掬って回わる。
わずか数分・・・すると、どうだ。
まだ赤黒い羽化直後のオオユスリカアダルト。それから、アオヒゲナガトビケラアダルトがネットに入った。管理人さんに聞くと最近では大きなミッジピューパパターンやソフトハックルでよく釣れているという。
それからも午後ずっとライズは見られ3〜4時頃にちょっとしたピークもあった。
トータルして、オオユスリカのハッチはまだこれからという感じだが、マスはもうすでにオオユスリカ待ち体勢。これからかなり期待出来そうだし、その後ぐらいか、アカムシユスリカも出るようなら更に長く楽しめそうだ。しっかり、ミッジングを楽しんだ帰りに管理小屋前の街灯を見ると、コガタシマトビケラ、ウルマーシマトビケラ、オオユスリカが飛来していた。
この池には、小川が流れ込んでいるので、そこに棲む水生昆虫がかなり池の方にもやってくるようで未確認ながら、流れ出しにはヒゲナガも生息しているという。
こういったポンドの管理釣り場であっても、ミッジングやマッチング・ザ・ドリフターの釣りが出来るというのはたいへん面白く、今後は、もう少し詳しく虫の動きを観察したいと思っている。



2005年09月17日(土)

忍野桂川9月


9月2日朝の通称S字ポイント。
Fly Fisher誌連載のドリフチェッカーをここで取材しました。
朝夕に発生する川霧が幻想的でした。しかし、これがまた濃い川霧で発生するとライズもフライも見えなくなるほど。
朝一から暗くなるまでライズはずっと見られましたが、そのライズの一つに忍野独特の難しさがあり、あの勝俣氏が挑戦しました。 問題のドリフターは、やや少なめに推移。
流れとしては相変わらず、コカゲロウ各種が混じったり入れ替わったりと複雑な様相。そこへ、極小カディスクダトビケラが絡んで一層悩ましく・・・ところが、今回初お目見えの極極小カディスが出現!
詳しくは、9月22日発売の11月号をご覧下さい。



2005年03月18日(金)

5月17日群馬県上野村神流川

写真をクリックすると大きく表示されます

ハッチは、日中からモンカゲロウがパラパラ。カワゲラもヒメカワゲラなど中型種に加えて大型のオオヤマカワゲラが少し出始めていました。
コカゲロウは、最も小さい、メイズコカゲロウがメインで、トビイロコカゲロウも少し出ています。他にはミジカオフタバコカゲロウ。
マダラ系では、アカマダラが、出始めており、クロマダラにミツトゲマダラがこれから出ようとスタンバイ状態。
ヒラタでは、エルモンヒラタカゲロウに、小さなヒメタニガワカゲロウ。
結局一番ハッチ量が多いのは、ナミトビイロカゲロウでした。
夕方にはヒメシロカゲロウが煙のようにハッチあるいはスピナーフォール。
意外に、トビケラは少なかった。
日没後の一瞬には、おびただしい、カゲロウのスピナーが川下からの風に乗って大量に飛来。ナミカワゲラやミドリカワゲラなども加わってそれはすごい飛来量。
ところが私は、ライズにキャストするのが忙しくてその写真はありません。残念。